ジェルネイルについて

ネイルサロンに通い爪のお手入れをしてもらっている女性は大勢います。

また、女性に限らず男性でもネイルサロンでお手入れをされている方も増えていますし、ネイルをしている人もよく見かけるようになりました。 着る服に合わせてカラーやデザインを変えてネイルを楽しんでいる人もいます。

ネイルは美容というよりも、もはやファッションに近い感覚でおしゃれを楽しむことができますので若い女性から、 主婦の方までと幅広い年齢層に人気を得ています。

ネイルは、以外にも歴史が古く、古代エジプト時代の紀元前3000~4000年ごろまでさかのぼる事ができます。 その当時は、王族などの高貴な身分に限られていたようですがその頃すでに爪に着色する文化があった事をミイラで証明されています。 現在のようなネイルの技術、ネイリストの職業が誕生したのはアメリカが発祥の地とされています。

初めてネイリストが登場したのは、19世紀後半の事でアメリカのネイルの文化が日本へ渡ってきたのは、70年代後半だといわれています。 それから10年後の80年代初頭に日本初のネイルサロンが誕生しました。


ネイルの種類はこれまで流行とともに移り変わってきています。 アクリルネイルが主流でしたが今ではジェルネイルが人気になっています。

ジェルネイルを施した爪先には、何もしていない状態の時よりも、クリームやオイルをしっかり塗り込むことをおすすめします。 持ちがアップしてジェルが爪から剥がれにくくするだけでなく、伸びてきた爪も綺麗に保つことができます。 そして、伸びたつめは爪きりではなくやすりできちんと削ってください。 こうした手入れをすることでより長くジェルネイルを楽しむことができると思います。

日本では美容室で身だしなみを整えてもらうようにアメリカでは、身だしなみとしてネイルサロンに通うことは当たり前とされています。 ビジネスにおいても、名刺交換をする際に差し出す手が綺麗なほうが相手に対する第一印象も好印象にもなります。爪のお手入れはファッションを楽しむ事に限らず身だしなみとしても大切なことかと思います。 皆さんもジェルネイルで毎日を楽しんではいかがですか。

Responsive image